ROUND UP 
    CALENDAR
<< 2022年7月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

    NEW ENTRIES(TOP5)

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    LINKS

    RECENT COMMENTS

    十勝の天気



ある晴れた日のお話。2010/08/30 08:54
シホンと名ずけた山羊。生まれて1年で俺の所に来た。ブランも喜んでいるようで、家族が増えた気分。そんな日々が続いていた。ロープをほどき自由にしてやった。それから2日たって3日前のことだが、馬でトレッキングの営業に出た時山羊達が付いてきた!馬上から、おいおいついてくるなよ!なんてのん気に考えていると、山羊達は俺を抜かしドンドン前へ行くでわないか。勘弁してくれよ〜!ticoに携帯で連絡する。その後をおうので捕まると思いこんでいた。1時間のトレッキングが終わり牧場に帰ってみると、まだ山羊達は帰ってきていない?これは問題だ!行った道を車で追いかける。途中ticoを拾い新得の街に近づいてくる!どこにいるんだよ〜(泣)
10Kmも来た、工事現場でおじさん達が山羊を見かけてと言う。その後折り返し今度は国道を行ったという。牧場に戻ったのか?
それにしてもえらい距離だ、山羊ってこんなに歩くのが早いのか?
結局見つからず、警察に届けを出してお世話になったり。その後途方に暮れていると、釣堀さんまで山羊達はもどって来たと連絡があり。やっとの思い出捕まえる事に。やはり1年も経つ山羊は懐くまで時間が掛かりそう。
2〜3日して、前の持ち主に返す事にした。
その日も首輪を外して逃げた!約1時間追い掛け回すがつかまらない。牧場の外に出ないようにと祈りながら、燕麦を見せても近づかない、困まりはてると人間は、怒りに変わる。死んでしまえなど心に思い腹が立つてくる。
さてどうやって捕まえたかはまたのちほど。




posted by Jack | 08:54 | 今日の出来事 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
気に入られて恐縮です。
アリゾナの生活の話を聞かされて、俺も感激でした。
まだまだいろいろなエピソードを聞かせてほしいものです。
これからの当牧場の生き方として、馬と家畜と野菜作りを基本に田舎暮らしを楽しんでもらえるようなことを考えています。
アメリカの田舎に拘り、少しでもそのイメージに近づければと思います。また遊びに来てください。  by JACK
2010/09/02 08:16 By jack
今年一番の日でした!

いつも初めて行く乗馬クラブでは
どんなスタッフが出てくるのか
心配でしたが、今回はビンゴ!!

JACK&TICOの登場に大感激!
私たちが求めていた本当のウエスタン牧場が
そこにはありました。
私の育ったアリゾナの風景が脳裏を過ぎり
学生時代を思い出させてくれました。

都会では味わう事の出来ない心の
暖かさを感じ、人生の中で一番
大切な価値観というものを
改めて認識することができました。

わずか、2時間程の時間でしたが
私たちの中では北海道に
帰る故郷が出来た
そんな有意義な時間でした。

必ず帰ってきます!
その日まで馬と共に
待っていてください。
2010/08/30 22:01 By アリゾナファミリー
コメントする









Copyright(C)2008 ウエスタンビレッジサホロ(ブログ版) All Rights Reserved.