ROUND UP 
    CALENDAR
<< 2022年7月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

    NEW ENTRIES(TOP5)

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    LINKS

    RECENT COMMENTS

    十勝の天気



さようならミカエル。2010/11/11 21:45
8−9日早朝7時、馬の飼い付けに遅れる事無く出てくる。残りわずかのステイとなるとまじめになるのか?この頃になると俺も怒鳴り散らすことはない。半ばあきらめたというべきか。そして9日の最後の夜一緒に食事をする事に、このわずかな期間色々な人と夜の晩餐を楽しんだ。今晩は静かに3人で過ごす。今回はデザートはTikoが作る事にした。毎回いつも決まり文句のバナナフランベをミカエルが作るのだが、ラム酒の点火が不発に終わるのだ。Tikoが言うのにラム酒を入れるタイミングが違うと言う、そこで作って見せると言うわけ、これにはミカエルも面白くない。今までおもてなしとしてミカエルが出来る唯一のバナナフランべだ!俺も最初の頃は食事の中で楽しく盛り上げようと頑張っている姿に好感を持ったのだが、その後人が来るたびに作るのだがいつも失敗に終わっている、そして笑ってごまかすのだ。




怠け者のミカエルさようなら。
能天気なミカエルさようなら。


駅まで送る途中、車の中で最後のに歌ってもらった。イタリアのカンツォーネだ。「若者は壮大な夢を見るが、その夢も敗れた…?」とか、そんな内容らしい。車の窓から外を見ながら歌っていた。
聞いていた俺は少しジーンと来たネ。

歌がうまいミカエルさようなら。
幸せ過ぎるミカエルさようなら。



いつまで旅を続けるのか、とにかく元気で旅をしてくれ。俺も過去に色々な人と巡り合って来た、その中でも忘れることはない一人となるだろう。
さようならミカエル。今、居なくなってなぜかほっとするのは何故だろう。
posted by Jack | 21:45 | | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
ミカエルは大阪に行く事もなくリタイアとなってしまった。今はまだ余韻が残っている。住居にしていたトレーラハウスの中はタバコの匂いが鼻につく。クソ忌々しい!周りはもうすっかり冬に入ろうとしていてどんよりとした空模様とくすんだ森の色で俺の気持ちも冴えない。何楽しいことないかな〜。
2010/11/15 15:11 By JACK
しかしドラマの様な展開でしたね。
馬で日本一周、韓国の寺に行く、ある意味、羨ましい人生です。
なんらかの形で、しがらみを持って生きてる以上、自分の意志を貫くことは簡単なものでありません。
しがらみから解放され、自由を得た時は既に人間としての感性が乏しくなり、肉体的にも精神的にも衰えてしまいます。

心の中の年齢だけは若くあり続けたい、チャレンジをし続けたい、理想です、JACKのようにね!
2010/11/14 12:21 By アリゾナファミリー
コメントする









Copyright(C)2008 ウエスタンビレッジサホロ(ブログ版) All Rights Reserved.